GR人材を育成する
地域課題解決の「吉田雄人ゼミ」

Government Relations Seminar for Social Challenges
吉田雄人ゼミについて

ゼミ長
吉田雄人

ようこそ「吉田雄人ゼミ」へ!

横須賀市で市議会議員を6年、市長を8年経験して、政治と行政の可能性と限界性を同時に痛感してきました。また、公共分野に携わる良質な人材が著しく不足していることが、社会課題解決が進まない大きな理由の一つであるという危機意識を持つに至りました。
この吉田ゼミから有為の人材が、社会課題解決のために官民の枠を超えて活躍飛躍することを、心から期待しています。

これまで私を支えてくださった方々への感謝の気持ちに基づいて、私が体得してきた知見経験を独占するのでなく、積極的に社会に還元していきたいと思います。

吉田雄人ゼミのねらい

目的は
地域課題解決のためのGR人材の育成

人口減少社会を迎えた現代社会は、行政による既存の公共サービスや制度では解決できない課題が浮き彫りになってきています。一方で、民間セクターには、その課題解決のためのノウハウやリソースが存在していることがあります。官民が連携することによって、課題解決が前に進むはずなのにも関わらず、その方法論がわからずにせっかくの機会を失ってしまっていることが多々あります。まさに官民の垣根を超えて、既存の発想にとらわれずに課題設定やアプローチ方法を自分のものとして確立していくことのできる人材が求められています。
「吉田雄人ゼミ」は、そのようなGR人材を育成し、ネットワーキングし、アクションを起こしていくプラットフォームを提供します。

身につける「力」
問題力・向上力・受容力・チーム力・表現力

社会課題を自分のこととして捉えることのできる積極的問題意識
「できない理由」を探すのではなく自分の限界を突破していく向上心
これまでの常識やしがらみにとらわれない柔軟な感受性
仲間とともに挑戦をするチームワーク
社会に訴えていくプレゼンテーション

課題解決に必要な上記の力を身につけていくことができるゼミを目指します。 

 

吉田雄人ゼミという良質なコミュニティーについて

吉田雄人ゼミという「場」は、良質なコミュニティーを目指しています。
ゼミ生が、「ありのまま」を出しあえて、「やってみよう」が飛び交って、失敗しても「なんとかなる」、そして最後には「ありがとう」があふれる、そんなコミュニティーです。
ゼミ生が、肩書きや立場を脱ぎ捨てて、日頃の想いを形にするための挑戦ができ、つねに前向きな姿勢で取り組み、周囲に感謝できる、そんな場です。

良質なコミュニティーこそが、吉田雄人ゼミの真髄です。

吉田雄人 プロフィール

1975年12月3日生、いて座のA型、干支は卯。1994年、神奈川県立横須賀高等学校を卒業。1999年、早稲田大学政経学部政治学科(梅森直之ゼミ)を卒業。同年、イギリス・ロンドンに約3ヶ月の短期語学留学。同年7月に入社したアクセンチュア株式会社にて、省庁や自治体における複数のプロジェクトマネジメントに携わり、2002年に退社。2003年、横須賀市議会議員選挙において最年少で初当選。2006年、市議選前に入学していた早稲田大学大学院政治学研究科修士課程(政治学専攻)を修了。2007年、横須賀市議会議員選挙において再選。このとき政令市を除く全国1位の得票数を得る。2009年、しがらみのない立場から立候補を表明し横須賀市長に初当選。第35代横須賀市長となる。2013年、再選。2017年7月退任まで、完全無所属を貫いた。

現在、zFlag株式会社代表取締役、早稲田大学環境総合研究センター招聘研究員。

賛同人一覧

吉田ゼミの「社会課題解決のための公共人材の育成」という目的に、賛同してくださったみなさんをご紹介します。

賛同人一覧(ご賛同いただいた順)

藤沢烈さん   一般社団法人RCF   代表理事   http://rcf311.com/

宮城治男さん   NPO法人EITC.   代表理事   http://www.etic.or.jp/index.php

駒崎弘樹さん   認定NPO法人フローレンス   代表理事   https://www.komazaki.net/

中室牧子さん   慶應義塾大学総合政策学部   准教授   http://edueco.sfc.keio.ac.jp/

為末大さん   一般社団法人アスリートソサイティ代表理事   https://www.facebook.com/tamesuedai/

乙武洋匡さん   作家

鈴木孝博さん   イチロク・スタートアップス   ファウンダー   https://16startups.com/

村岡浩司さん   MUKASA-HUB 代表   http://mukasahub.com/

白木夏子さん   HASUNA Founder&CEO   http://www.natsukoshiraki.com/

山本雄士さん   株式会社ミナケア代表取締役   http://www.minacare.co.jp/

カリキュラム例

  1コマ目:専門家による講義

1ヶ月単位で設定する具体的な社会課題について、その分野の第一線で活躍している専門家から、課題の背景や現状について講義を受ける。

  2コマ目:グループディスカッション・プレゼン準備

ゼミ生でグループをつくり、テーマとなっている社会課題について、どのような解決策を提示するべきかグループディスカッションを行う。また、次週の発表に向けて、その準備を行う。

  3コマ目:プレゼンテーション

発表リーダーを決めて、グループに分かれて、テーマとなっている社会課題とどのように向き合い、どのように解決していくべきか、プレゼンテーションを行う。他のグループの発表をみて、感じたことなどを相互に確認し合う。

  オプション講座:機会を作りスキルを学ぶ

プレゼンテーションスキル、ブレーンストーミングスキルなどについて講師を招いた学習会の開催や、現場を訪ねるフィールドワーク、特別ゲスト等を招いての座談会なども時期に合わせて設定する。
(パターンランゲージ・チームビルディング・ファシリテーションなど)

  1コマ目:専門家による講義

1ヶ月単位で設定する具体的な社会課題について、その分野の第一線で活躍している専門家から、課題の背景や現状について講義を受ける。
ゼミで向き合う社会課題

設定する社会課題や課外授業の例

下記はこれまでの実績で、3期目についての詳細はゼミスタート時に共有します。



日本の農業の活性化について

1970年代には1000万人を超えていた農業従事者は200万人を切り、平均年齢は68歳を超えた。日本の原風景を守ってきた農業は、今後どのような方向性に進むべきなのか。その大きな課題を、あえて「ある与えられた立場」に基づいて考察をしていく。

自治体における効果的な自殺対策について

全国の年間自殺者数は減少傾向にあるものの、未だ2万人以上の方が自殺で亡くなっている深刻な事態が続いている。 そんな中、2016年4月に自殺対策基本法が改正され、全ての都道府県・市町村で計画策定が義務付けられた。 実効性ある地域計画をどう策定し、推進していけば良いのか。 自殺の実態から対策の課題を総括しつつ、これからの時代にあった自殺対策の新たな制度設計を試みる。

ライフワークバランスを保つために活用可能な社会リソースとは

生産年齢人口は減っていくにもかかわらず、子育て・介護などの負担は増える一方の現状で、超高齢社会の中で社会保障にかかる財政は拡大していき、公的支援にばかり依存することはできないことは明白である。そこで、社会リソースを最大限に生かし、個人にとっての幸せと組織や社会にとっての活力とを両立できる方法を模索する。

東日本大震災後、福島では何が起こったか?

2011年に発生した東日本大震災とそれに伴う福島第1原発事故発災後の、福島の復旧・復興の段階的な行程を、現場の最前線で関わってきたNPO法人からレクチャーをいただく。

これまでのゼミのスケジュール


これまでのゼミは毎月のケース・スタディーと、自分自身の設定する社会課題発表を中心に、4ヶ月にわたり進行しました。

2017年12月:社会課題ケース・スタディー (1)
『介護支援専門員のあるべき姿とは』

介護支援専門員は、介護保険制度に合わせて導入され、ケアマネジメントにおいて重要な役割を担っている。一方で、資質のばらつきや中立性や公平性が担保されていない等の課題が社会保障審議会等で度々指摘されてきた。介護支援専門員導入の沿革や現状を踏まえ、介護支援専門員の必要性の有無も含めて、介護保険制度の展望について考察した。

2018年01月:社会課題ケース・スタディー (2)
『SDGsの観点から地球温暖化を地域から止めるには』
SDGsとパリ協定は共に2030年を目標として、私たちが地球規模で解決すべき課題を定めた国際合意である。地球規模の社会課題に関する各国・各企業の先進的な取り組みを紹介するとともに、中長期的な社会課題の解決に必要な目標設定(未来のあるべき姿)と計画策定(バックキャスティング)の方法をもとに、ソーシャル・イノベーションに必要な要素を議論した。

2018年02月:社会課題ケース・スタディー(3)
『若者の自殺を減らすためには』
全国の年間自殺者数は減少傾向にあるものの、未だ2万人以上の方が自殺で亡くなっている深刻な事態が続いている。 そんな中、2016年4月に自殺対策基本法が改正され、全ての都道府県・市町村で計画策定が義務付けられた。特に若い世代の自殺者を減らすことにフォーカスをし、深掘りをした。

2018年03月:自分自身の設定する社会課題についての発表


吉田ゼミ修了生の声

慶應義塾大学経済学部 能條桃子

さまざまな社会課題について、学び、それに対する解決のためのアクションを考え、発表するというサイクルが、とても勉強になり、毎週ゼミが楽しみでした。 また、熱意を持って実際に活躍されている社会人の方と同じテーブルで議論できたことも刺激になりました!

社会についてだけではなく、それに併せて自分の将来についても考える機会となりました。 本当に受講してよかったです。

コミュニティアーティスト
会社員 伊勢博美
(日本福祉大学3年生)

社会課題解決について、「自分も何か役にたちたい。何か考えたい。何か参加したい。何か役立つ組織に所属したい。」そんな風に漠然と考えている人はとても多いと思います。しかし、「自分が出来ることは何か?それは個人的な想いではなく、本当に課題を解決できる意見なのか?そもそも、その想いは偏っていないのか?」そこまで深める機会はそう無いのではないでしょうか。
でも、吉田ゼミに参加したら、①客観的に有識者から学び、②学生から社会人まで様々な立場や年代の多様性のあるチームで議論し、自分の意見を客観視しブラッシュアップできる機会、そして実践に向けて、③伝えるというプレゼンテクニックを反芻出来る3つの機会がありました。もし貴方が漠然とした熱い想いをお持ちであれば、知と経験を積み、一歩を踏み出す自分に変えるきっかけになるかもしれません。
もちろん発表に向けた準備の中には、時間や工数でも大変なことも多いと思います。その分、修了するころには、小さな一歩を踏み出している自分と、一緒に相談しあえる仲間という宝に出逢えていると思います。これが、集中した数か月を過ごした、私の正直な実感です。第2期生という仲間に出逢えることを第1期生も楽しみにしています!!

清泉女子大学文学部 福田百花

課題解決のためにビジネスモデルから資金繰り、統計データや現場の声を基に「実際にアクションを起こせる解決策」を考えることができ、とてもよい体験ができました。また、ゼミに参加したことで、今まで苦手だったプレゼンテーションが楽しいと思えるようになりました。

ゼミで学んだスキルを活かして社会課題解決のために奮闘していきたいです!

NPO法人なんとかなる 事務局
伊藤大貴(元海上自衛官)

介護問題、自殺対策、持続可能性etc…様々な社会課題に向き合う機会を通して、「当事者意識」が欠けていたことを痛感しました。吉田ゼミ長をはじめとする講師の先生方からいただいた講義は、その社会課題への知見を深めることはもちろん、意識そのものを大きく変えるきっかけになりました。また年齢や立場、問題意識の異なる仲間(ゼミ生)たちとのワークは、刺激的で深い学びを得ることができたと感じています。自己成長を感じることのできるコミュニティ「吉田ゼミ」に参加できて本当によかったと思います。

吉田ゼミ 開催概要

入学金 :社会人:5万円(1期生・2期生の継続は無料)、学生:無料

受講料 :社会人:月額4万円、学生:月額1万円
     (5ヶ月分を一括で請求します)
      
※飲食をともなう会合については、実費の負担をお願いします

開講期間:2018年11月から2019年3月まで


日  程:毎週木曜日 19:00〜21:00 
     (講師や会場の都合で変更する場合があります)
     11月1日(木)(開講式)
      以降、毎週木曜日開催

場  所:JR五反田駅 徒歩3分

吉田雄人ゼミ第3期生 募集要項

第3期の募集は締め切りました

応募締め切りは平成30年10月15日(月)まででした。

募集定員:15名
応募資格:18才以上
応募締切:平成30年10月15日(月)到着
応募方法:募集用のメールアドレスまで、下記の資料を送付してください。

            ・住所・生年月日・学歴・職務経歴などがわかる簡易履歴書(自由形式) 
            ・「向き合いたい地域課題とその理由」(エッセー:800文字程度)  

選考方法:書類選考ののちオンラインによる面接試験
合否発表:10月中旬


募集用メールアドレス:bosyu「@」yuto.net
※かぎ括弧内の@マークを、半角にして、つなげてメールしてください。

お問い合わせ
返信に時間がかかることがありますが、まずWeb制作会社ペライチより自動返信のメッセージが届きます。
届かなかった場合は、ご自身のメールアドレスの入力が間違っている可能性がありますので、ご確認ください。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
問い合わせ